いびき治療で病院をお探しなら当院へ。睡眠障害の専門医が診察します。岐阜駅近く、名古屋市・一宮市からアクセス良好。「子どものいびき」の治療相談はお気軽に。

治療管理を理解するためのポイント
治療管理を理解するためのポイント

肥満があれば、減量が根本的な治療となります。食事・運動療法を行うほか、病院の肥満外来への治療相談も一案です。さらに、アルコール摂取によりイビキが大きくなっている場合は、食習慣の改善が大切です。

CPAP治療、マウスピース治療は根本的な治療ではなく、「いびき」という症状を抑える対症療法です。そのため、継続してCPAP機器の使用あるいはマウスピース(口腔内装置)の装着が必要です。

いびき防止と眠気の解消(元々、眠気がある人の場合)という、睡眠障害の症状の改善を期待することができると同時に、高血圧・心臓病、脳卒中などの合併症の予防のメリットがあります。

一方、耳鼻咽喉科での外科手術は、症例によっては根治が可能となる治療手段です。扁桃・アデノイド肥大が原因と判断された子供のイビキについては、外科手術による根治を期待できます。

 
CPAP治療
CPAP治療

鼻に装着したマスクから、気道に空気を送り込み気道を広げます。
イビキの原因となっている喉の狭い場所が広がるので、いびき解消となります。

夜間にマスクを装着していれば、呼吸が安定し睡眠の質も向上します。
中等症の睡眠時無呼吸症候群の方に健康保険が適用となっており、病院からCPAP機器をレンタルして、自宅で治療を継続します。

高血圧・心臓病・脳卒中などの合併症の予防効果があり、標準的な治療法となっています。

 
マウスピース治療
マウスピース治療

睡眠時無呼吸症候群専用のマウスピースを歯に装着する治療方法です。軽度の睡眠時無呼吸症候群に対して選択されることが多い治療ですが、歯の欠損が多い方、重度の顎関節症の方は適応外となります。
マウスピースで下顎を前方に固定することで、気道を拡げます。

病院・クリニックで睡眠時無呼吸症候群の診断を受け、マウスピース治療の必要性が判定されると、健康保険の適応となります。歯科では各自の額顔面形態にあったものが製作されます。

出張が多く、CPAP機器の持ち運びが不便を感じる方、CPAPのマスクを装着するのが困難である方に便利な治療手段です。

 
外科手術(耳鼻咽喉科)
外科手術(耳鼻咽喉科)

終夜睡眠ポリグラフ検査の結果と鼻、喉の状態を評価した上で、上気道で「いびき」の原因となっている場所を精査して手術適応を検討します。病院の耳鼻咽喉科の専門医による評価が必要となります。

子供のイビキ・睡眠時無呼吸症候群の場合、多くはアデノイド・扁桃肥大が原因です。睡眠障害の専門医が睡眠と呼吸の状態を評価してから、病院の耳鼻咽喉科において、上気道の評価と手術適応の検討を行います。

鼻閉がある場合は口呼吸の原因となり、イビキをかきやすくなります。その場合は、鼻粘膜レーザー焼却術、鼻中隔弯曲矯正術などを耳鼻咽喉科で検討します。

鼻づまりでCPAP治療がうまく行かない方、これからCPAP治療を開始する予定で鼻閉がある場合に検討することがあります。

 
その他の手術・歯科矯正など
その他の手術・歯科矯正など

極度の肥満がある場合は減量手術(外科)、下顎後退など顎顔面形態の問題があれば、歯科・口腔外科での手術を検討することもあります。

主として小児が対象となりますが、子供のイビキの原因として下顎後退が認められる場合、小児歯科・矯正歯科の専門クリニック・大学病院において歯科矯正を検討する症例もあります。

 

子供のいびきを放置すると成長と発達に大きく影響するので、注意を要します。小児では早期診断と治療が大切です。

アクセス

阪野クリニック外観写真

阪野クリニック

内科 循環器内科
いびき睡眠障害センター

〒500-8178 岐阜県岐阜市清住町1-22

Phone 058-213-1199

お問い合わせフォーム »

アクセスマップ

よくある質問と回答集

いびき治療に健康保険を使えますか?
病院に行かずにできるいびき対策は?
マウスピース製作までの診療の流れ
マウスピース作成の費用について
女性のいびき 旅行中の対策は?
肥満症のいびき治療ダイエット対策
いびきをかきやすい人の特徴は?
どの病院、何科を受診したらよいか
睡眠時無呼吸症候群を教えて下さい
禁煙は、いびき対策に大切ですか?
無呼吸との違い、高血圧との関係
寝言がひどいのですが?
赤ちゃん・子どものいびきについて
アレルギー性鼻炎や花粉症との関係
眠気との関係を知りたい
耳鼻科の手術CPAPを知りたい
扁桃腺肥大の手術とは?
アデノイド肥大の手術治療について