女性のいびき治療、旅行中の対策についてお答えします。岐阜市にある当院は、女性のイビキ治療に対応、岐阜駅近く、名古屋市、一宮市、各務原市からアクセス良好。

女性のいびき治療と旅行中の対策は?

タグ: , ,

女性のいびき: こんな経験はありませんか?

社員旅行があるけど、鼾が気になって泊りでは行けません。とても憂鬱です。
友人どうし趣味の旅行に行きたいけど、イビキをかくので大部屋に泊まれない。
ベッドパートナーに大きないびきを知られるのが、恥ずかしい。

家族旅行のとき、いびきが大きいので、「何とかしてほしい」と言われたり、
伴侶から「(いびきを)どうにかしろ!」と言われた。

別のケースでは、友人の家に泊まったとき「大きなイビキかいてたよ」と言われ、
今まで自分では気づかかなったのでショックを受けた。

第三者に指摘されて「いびき」に気づく

私たちは眠っているとき、どの程度イビキをかいてるのか、どんな音かどうか、
自覚できません。稀に大きないびきで目が覚める方もいます。特に夜間帯は
静かな時間という先入観があるので、鼾の音は気になります。

旅行に行く前に知っておきたい、女性のイビキ対策

いびきの原因は様々あります(詳細は原因のページへ)。手っ取り早くできる
対策として、眠っているときの体勢を横向きすることです。アルコール摂取を
控えることも重要なポイントです。

鼻炎・鼻詰まりがあり口呼吸になりやすい方は、早めに鼻炎対策を行い、
鼻の通りをよくすることも大切です。花粉症の時期は鼻詰まりになる方が多く、
いびき呼吸の原因となります。早めに耳鼻科の病院で相談しましょう。

手軽にできる対策として、鼻孔を拡張させるテープがあります。このテープを
鼻に装着することで、鼻呼吸を促すことができます(薬局で入手可能です)。
口呼吸になるのを矯正する効果があり、イビキ対策となります。

時間があれば旅行前にマウスピースを作っておく

旅行中に携帯可能なイビキ治療に使う歯科装具・マウスピースを活用する
手段があります。就寝時にマウスピースを装着することで、下顎が前方に
固定されます。その結果、気道が拡がるのでイビキ呼吸を防止できます。

健康保険でマウスピース作成を行うには、病院で睡眠時無呼吸症候群と
診断されて、歯科に紹介される段取りとなります。そのため、診断と
マウスピース完成まで1か月半ほどみておく必要があります。

子供のいびきを放置すると成長と発達に大きく影響するので、注意を要します。小児では早期診断と治療が大切です。

アクセス

阪野クリニック外観写真

阪野クリニック

内科 循環器内科
いびき睡眠障害センター

〒500-8178 岐阜県岐阜市清住町1-22

Phone 058-213-1199

お問い合わせフォーム »

アクセスマップ

よくある質問と回答集

いびき治療に健康保険を使えますか?
病院に行かずにできるいびき対策は?
マウスピース製作までの診療の流れ
マウスピース作成の費用について
女性のいびき 旅行中の対策は?
肥満症のいびき治療ダイエット対策
いびきをかきやすい人の特徴は?
どの病院、何科を受診したらよいか
睡眠時無呼吸症候群を教えて下さい
禁煙は、いびき対策に大切ですか?
無呼吸との違い、高血圧との関係
寝言がひどいのですが?
赤ちゃん・子どものいびきについて
アレルギー性鼻炎や花粉症との関係
眠気との関係を知りたい
耳鼻科の手術CPAPを知りたい
扁桃腺肥大の手術とは?
アデノイド肥大の手術治療について