いびき治療に用いる、歯科で製作されるマウスピースの費用について解説します。睡眠時無呼吸症候群の知識のある歯科でマウスピース製作を依頼すると良いでしょう。

マウスピースの費用、どの歯科に受診すべきか?

タグ: , ,

健康保険でマウスピース作成を行うために

いびき対策のマウスピースを健康保険で作るためには、睡眠時無呼吸症候群の
診断が必要となります。医科の診療所・病院で診断にかかる費用、検査料金、
そして、歯医者さんでスリープスプリント製作にかかる費用を計算します。

睡眠時無呼吸症候群の診断にかかる費用

一般的には、初診、検査入院、そして、結果説明のための再診が病院診療の
流れとなります。それぞれの診察料、検査料金を概算してみます。健康保険の
適応があり、3割負担の場合を以下に示します。

初診(外来での検査を含む)および再診料にかかる費用は、5,000円程度です。
そして、検査入院にかかる費用が(一番安い有床診療所)で、約15,000円です。
総計すると、20,000円程度となる見込みです。

ここでポイントとなるのが、検査入院の費用です。有床診療所ではなく、
病院で睡眠検査を受けると入院基本料が高くなります。

歯科でマウスピース作成にかかる費用

睡眠時無呼吸症候群の診断を受けて、マウスピース作成のための紹介状を
持参して歯科で診察を受けることになります。マウスピースの型をとり、
調整のために再診して、15,000円程度(3割負担)かかります。

最終的な費用は?

上記の医科と歯科の診療所・病院でかかる費用を計算すると35,000円程度と
なります。もちろん、睡眠時無呼吸症候群の診断からマウスピース作成の過程で
必要な検査があると、多少、予算は多めになります。

どの歯科でマウスピースを作ればよいか?

睡眠時無呼吸症候群の基礎知識があり、マウスピース・口腔内装置を
作りなれている歯科が好ましいと考えます。睡眠時無呼吸症候群の診断を
受けて紹介状を書いてもらうとき、担当医に紹介してもらいましょう。

子供のいびきを放置すると成長と発達に大きく影響するので、注意を要します。小児では早期診断と治療が大切です。

アクセス

阪野クリニック外観写真

阪野クリニック

内科 循環器内科
いびき睡眠障害センター

〒500-8178 岐阜県岐阜市清住町1-22

Phone 058-213-1199

お問い合わせフォーム »

アクセスマップ

よくある質問と回答集

いびき治療に健康保険を使えますか?
病院に行かずにできるいびき対策は?
マウスピース製作までの診療の流れ
マウスピース作成の費用について
女性のいびき 旅行中の対策は?
肥満症のいびき治療ダイエット対策
いびきをかきやすい人の特徴は?
どの病院、何科を受診したらよいか
睡眠時無呼吸症候群を教えて下さい
禁煙は、いびき対策に大切ですか?
無呼吸との違い、高血圧との関係
寝言がひどいのですが?
赤ちゃん・子どものいびきについて
アレルギー性鼻炎や花粉症との関係
眠気との関係を知りたい
耳鼻科の手術CPAPを知りたい
扁桃腺肥大の手術とは?
アデノイド肥大の手術治療について